あなたもできる犬の耳掃除(耳のお手入れ) 〜やり方とコツ〜

犬の耳掃除のやり方とコツ

 

犬の耳掃除のやり方とコツ

 

 

「犬の耳の中が汚れてきたけど、動物病院へ行くほどでも・・・」と考えている飼い主さんは少なくありません。何かの用でついでに診てもらうならともかく、動物病院へ行って犬の耳掃除だけをして貰うのは少々手間ですし、やはりその分料金が発生してきますからね。それなら「出来ることなら自分でやってしまおう!」と思ってしまいます。

 

 

動物病院で獣医師がしている犬の耳掃除を見ていると簡単そうに思えますが、いざ自分自身でやろうとなると思いの他上手くいかなかったり、犬の耳の中を傷めてしまわないか緊張してぎこちない手つきになったりします。でも、何事も初めてやることは最初から上手くはいかないものです。犬の耳掃除や耳のお手入れをするときはやり方やコツがあるので、下に書いてあることを参考にしてみてください。慣れてくれば動物病院で処置して貰うくらいの耳掃除ができるようになると思います。

 

 

犬の耳掃除に必要なものを揃える

 

耳洗浄剤 (イヤークリーナーエピオティック
コットン(カット綿)

 

犬の耳垢を除いてくれ、耳の中を綺麗にしてくれる洗浄剤と拭き取り用のコットンを用意します。ここに挙げた物が全てではなく、同等の効果を持つものであれば代替品でもいいのですが、「これも似たような物だろう」と思いこみで選んでしまうとちょっと・・・です。綿棒は細部まで届いて良さそうにも思えますが、耳垢を奥に押し込んでしまうのでよくありません。それに、綿棒で耳の中の皮膚を引っ掻いて傷つけてしまうこともあります。犬の耳の中の皮膚はかなりデリケートで繊細なので、犬の耳掃除に綿棒は使わないようにしましょう。基本に忠実にが大切です。

 

耳の外側の掃除

 

犬 耳 かゆがる

耳の外に張り出て飛び出している部分を耳介と言います。立ち耳の犬ならピンと立ち、垂れ耳の犬なら根元もしくは途中から折れていますね。耳介は外耳の一部で、集音機能以外にも動物によっては体温調節に役立っています。

 

この耳介部分は見やすいので汚れると丸わかりです。耳垢やホコリ・異物などで汚れている場合は、擦らないで汚れを浮かせて取ります。皮膚に張り付いてしまったような除きにくい汚れなら、洗浄液をコットンに含ませて、汚れに押し当ててふやかすようにしてみてください。

 

耳の中の掃除

 

犬の耳を掃除する時の手順は次の通りです。犬をしっかりと保定したら、耳の中に洗浄液をたっぷりと入れて、耳の根元をやさしく揉むようにクチュクチュと音がなるような感じでマッサージして下さい。こうすることで、耳道内の汚れや耳垢が浮いてきます。後は犬がブルブルブルっと頭を振ることで耳の中の液体や汚れが吹き飛びますので、外に出てきた汚れや耳垢をやさしく取ってあげます。

犬をしっかり保定する
洗浄液を耳に入れる
耳根部をやさしく丁寧にマッサージする
犬が頭を左右に振って耳の中の洗浄液を排出する
やわらかいコットンなどで耳の中をやさしくふき取る

耳の中を傷つける恐れがあるので、 綿棒を使用してはいけません。

 

犬 耳洗浄液  犬の耳を洗う コツ  犬 耳の中 拭き取り

垂れ耳の犬の耳掃除

 

耳が垂れていると、耳の穴が塞がっているので中が蒸れやすくなっています。蒸れ易いということは、耳道内の湿度が高くなるので細菌・真菌が繁殖しやすいということです。シャンプーをするなどをして水濡れした時は、耳の中に水分が残らないようしっかりと乾かしてあげましょう。イヤークリーナーの中には耳の中の乾燥を促す物もあるのでそれを使ってみるのもいいですね。

耳の中に毛が生えている犬の耳掃除

 

外耳の内側に毛が生えている犬がいます。例えばプードル、マルチーズ、ミニチュアシュウナウザー、フォックステリアなどの犬種が挙げられますが、耳の内側に毛が生えているのをそのままにしておくと、皮脂や耳垢、ホコリなどが毛に絡みついてしまい外耳炎を起こしてしまいます。耳の中に毛が生えている犬の耳掃除をする時は、先ずは毛抜きをしましょう。生えている毛をむしり取るなんてかわいそうな気もしますが、ご自分でできる範囲だけでも毛を抜くか、犬をトリミングに出す際に頼んでおくといいでしょう。