これって犬の外耳炎?!原因によって外耳炎の症状(耳垢)は変わってきます

犬の外耳炎は放置すると怖い病気ですが、予防が可能な耳の病気です

 

犬の外耳炎

 

「耳をよく掻く、耳を痒がる」
「耳が臭い」
「頭をよく振る、引っ掻く」
「耳の中にかさぶた(瘡蓋)が出来ている」
「茶褐色の耳垢がべったりしている」
「耳垢が多い、耳垢がよく溜まる、耳垢が臭い」

 

 

犬 外耳炎 耳の炎症

犬がこれらのような症状を見せると耳に異常があることがわかります。これらの症状は外耳炎によるものなのですが、外耳炎とはその名の通り「外耳」に「炎症」が起きている状態で、外耳道が赤く腫れ(発赤、腫脹)、熱を持ち(熱感)、痛痒く(疼痛)なっています。

 

 

外耳道ってどこの部分を指すかご存知ですか?外耳道は耳の入口から鼓膜までのいわゆる耳の孔のことを指し、犬だとL字をしています。耳垢が作られるのは耳垢腺(じこうせん)からなのですが、耳垢腺は外耳道にあるのです。耳垢って汚らしくて余分なもののようにも思えますがちゃんと役割があり、耳の中を自浄作用で綺麗にしてくれているのです。作られた耳垢は奥から外部に向かって送られ、外耳の外へ出ていくようになっているので上手くできていますよね。

 

 

それでは、犬の外耳炎についてちょっと詳しく書いてみますね。

 

症状

 

外耳炎になると耳が炎症を起こし、ベトベトしたきつい臭いのする耳垢が溜まるようになります。また、痛みや痒みも出てくるので、犬は後肢で頻繁に耳を掻いたり引っ掻いたり、頭を振ったりします。この炎症が慢性化すると、皮膚に厚み(肥厚)が出てきて外耳道が塞がれてしまいます。また、外耳炎がひどくなると炎症が耳の奥まで広がり、中耳炎や内耳炎を起こすこともあります。炎症が奥に進めば進むほど治療が困難になってきます。

 

中耳炎・内耳炎になると耳から膿が出たり悪臭がより酷くなります。内耳がある奥深い箇所まで侵されると平衡感覚がおかしくなり、犬が同じ所をグルグルと回るなど旋回しだしたり、首が斜めに向いたままの斜頸になったりします。こうなる前に外耳炎は早いうちに治す方がいいと思いませんか?外耳炎は耳のトラブルの中で一番多い病気と言われていますが、予防することは十分に可能な病気でもあるのです。

 

悪臭のある耳垢で赤茶色・茶褐色・黒色をしている
取り除いても耳垢がよく出る・溜まる
耳が赤く腫れる、ただれる
耳を掻く、引っ掻く
頭を振る、触られるのを嫌がる

 

原因

 

外耳炎の原因は様々で、細菌や真菌の異常繁殖や耳ダニの寄生の他、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎(脂漏症;しろうしょう)などの全身性の皮膚病に併発して外耳炎が起こることもあります。また、耳の中に入った異物や耳道内に形成された腫瘍によって外耳道が狭まったり、虫刺されによる痒みで犬が耳を掻くことで傷ついてしまい外耳炎になってしまうことがあります。

 

細菌
異物
アレルギー体質
ホルモン異常

 

外耳炎に罹りやすい犬種

 

外耳炎は耳が垂れている犬種に多く見られ、その中でも特に耳の奥の方まで毛が生えているシーズー、ヨークシャー・テリア、プードル、シュナウザーは要注意です。耳が垂れていたり毛が生えていると、耳の孔が塞がれたようになるので風通しが悪くなりますから、耳の中に水が入った時などは余計に乾き難くなって耳の中が蒸れた状態になってしまいます。

 

 

ミニチュア・ダックスフンド、スパニエル系、レトリーバー系などの垂れ耳の犬種が外耳炎になりやすく、中でも特にアメリカン・コッカー・スパニエルは症状が重くなりやすいですね。また、アレルギー性皮膚炎を起こしやすい犬種(柴犬、シーズー、パグ、マルチーズ、シェットランド・シープドッグ、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアなど)も外耳炎になりやすいので注意する必要があります。

 

治療と予防

 

外耳炎の治療は耳の洗浄が効果的なんです。外耳炎になったら洗浄剤を利用して耳道をきれいにするのと並行して、原因に応じた治療を行います。外耳炎になる原因は様々ですから、その原因を取り除かないことには治りません。耳ダニの寄生が原因なら駆除薬(ストロングホールドもしくはレボリューションアドボケート)を投与し、真菌や細菌が異常に増えてしまったことが原因なら抗生物質や抗真菌剤を使います。また、アトピー性皮膚炎などの全身性の皮膚病が原因の場合はその治療を行います。外耳炎は慢性化、再発しやすい病気なので根気よく治療を続けることが大切です。

 

外耳炎の原因を確認し対処する
抗生物質を投与する
軟膏を塗る
耳の毛を抜く

 

外耳炎に罹って治療するよりも、外耳炎を予防する方が犬も辛くないですし飼い主さんの負担も全然違います。常日頃から犬の耳の中をチェックをして、耳垢が溜まっていないか確認しましょう。2週間に1回程度の定期的な耳掃除をすることも大事ですが、ここが少々難しいところです。綺麗にしようとするあまりに耳を強く擦ってしまったり、人が使う綿棒で犬の耳掃除をすると犬の耳を傷つけてしまったり耳垢を取り除くどころか耳の奥へ押しやってしまうこともあります。詳しくは「犬の耳掃除・お手入れの仕方」のページをご覧ください。